皮膚病相談  

投稿者:

当店、子宝(不妊)・婦人病相談専門の薬局と思われがち(ホームページもそんな感じですよね。でも確かに得意です!)ですが、他の漢方相談ももちろんしております。

最近、「皮膚病」の相談でいらっしゃった方です。

50歳台・男性、次の日からなんと!沖縄に移住されるお客様。

数件の皮膚科を受診されていました。

指(爪の生え際)・下肢全体にジュクジュクした炎症のある湿疹、強い痒みがご来店時ありました。

長年、病院の薬を処方されていましたがよくならず当店に来店。

次の日から沖縄移住されるということで、2か月分の漢方薬などをお出ししました。

次の日からはメールで皮膚症状の写真を送っていただいております。(ありがとうございます!)

↓「漢方薬服用前の指」


↓「漢方薬服用前の下肢」

↓「漢方薬服用7日目 指」  ジュクジュクした炎症がとれてきました。

↓「漢方薬服用7日目 下肢」  猛烈な痒みが1日に1回はあり。掻かずにアイシングで対応。

隆起していた湿疹が平たくなってきました。

↓「漢方薬服用16日目 指」  きれいに完治。黒ずみも薄くなってきました。

毎日送ってくださっていた写真も、指の状態のほうは一旦終了することになりました。

↓「漢方薬服用16日目 下肢」  痒みがなくなり、黒ずみもだいぶ改善してきました。このまま服用を続けて頂き、さらにきれいにしていきましょうとお伝えしました。

この方は漢方薬を毎日欠かさず服用してくださっております。

また漢方薬の服用だけでなく、食生活も気を付けてくださっております。

ご本人様の「絶対に治したい!!」という強い気持ちが結果を出すことにつながっていると思います。

皮膚の症状は「膚」という漢字からもわかるように「胃」という文字が含まれます。

このことから「胃」の働きと関係してきます。

漢方薬を服用することももちろんですが、食事なども皮膚病を治すにはとても大切です。

沖縄は本州に比べ湿度も高い地域ですので、今後悪化をしないよう経過をみていきたいと思います。

〇〇様~、このまま頑張っていきましょう~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です