最近のその疲れ、『共感疲労』ではありませんか?

投稿者:

『共感疲労』とは、トラウマや悲しみを背負った相手の話を聞いた時、その相手に共感や同情しすぎて感情を強く動かされることによって、自分自身の心が疲れてしまうことをいいます。

特徴❶最近のニュースを見ていて、気持ちが落ち込みやすくなった。また不安感や落ち込みにより疲れたり、眠りの質が悪くなった。

特徴➋様々な事に対して共感力の高い人(HSP)ほど、共感疲労になりやすい。

『共感疲労』の対策方法

①「時間と回数の境界線」を引く。

辛いニュースや情報に触れないようにする。(いつもマイナスな事しか言わない人とは距離を置いてみる。)

②意識して「心の負担を解放する」

共感性の高い人ほど、意識的にストレスをケアする。(ストレスが溜まっていることに気づいていない人ほど。)

気持ちを切り替えるため、心癒される音楽を聴いたり、アロマを焚いたり、湯舟にゆっくり浸かったり、美味しいものを食べたり・・・・心の負担を解放してあげてください。

まだまだコロナ禍にあり、様々な負担を抱えている人が多くいます。

そんな人からの相談も『共感疲労』を生む原因となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です