当店での妊娠症例

投稿者:

あまり妊娠症例をあげていませんが、毎月うれしい報告をいただいております。

最近の二人目不妊の妊娠症例です。

◎41歳(ご主人44歳) お二人目を希望  当店に初来店された時点ですでに体外受精をされておりました。

この時点で凍結胚はない状態でしたので再度、採卵からの治療となります。

お話を聞いた上で、漢方薬を服用していただき身体作りを開始。

昨年12月に採卵。2月に凍結胚盤胞移植。

判定日hcg 216(昨日6週3日 胎嚢確認)

年齢的にまだ不安定な時期でもあり、しっかり漢方薬を服用中。

◎39歳(ご主人34歳) お二人目を希望  当店に初来店された時点で採卵済み。

移植のための身体作りを始められました。

初めての移植でご妊娠。(胎嚢・心拍確認済)

少しつわりが始まっているので、赤ちゃんに栄養がいくよう漢方薬は継続服用中。

◎33歳(ご主人34歳)お二人目をご希望 人工授精をお休みされていて、体外受精にステップアップしようか悩んでた時に自然妊娠。

人工授精を続けていたがご主人の精液所見(濃度)が悪くなってしまったためご主人にもお薬を服用していただいていた。

職場への通勤時間も長く、新型コロナウィルス感染の心配もあるため免疫力を落とさないためにも継続して漢方薬を服用中。

お二人目の場合、妊娠中も上のお子さんの育児(お世話)があり、ゆっくり休んでいることができません。上のお子さんが抱っこが必要な年齢ならなおさらですよね。

妊娠からが本当のスタートです。

流産や切迫流早産にならないよう全力で最後までサポートさせて頂きます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です