水分の取り方

投稿者:

毎日、暑い日が続いていますね。

「喉が渇いたら、水分をとる。」

当たり前のことですが、今年は暑すぎて氷を入れてキンキンに冷えた飲み物(冷たいビール🍺)を飲みたいですよね!

ついつい飲みすぎてしまう暑さですが、冷たい物の飲みすぎには注意をしてくださいね。

胃の消化酵素がよく働いてくれるのが37℃と言われています。

冷たい物の取りすぎは、酵素の働きを弱めてしまうため消化能力が落ちてしまうと食欲不振や下痢などの症状が現れる原因となります。

冷たい物をたーくさんとった日は、一日の終わりに「温かいお茶🍵」と「ぬるめ(38℃くらい)の湯舟🛀」にゆっくり浸かって胃袋の冷えを後始末してあげてくださいね!

漢方では次の季節の体調は、前の季節にどのように生活したかで決まるといいます。

(夏に冷たい物の摂りすぎで、胃腸を冷やしすぎると秋に胃腸の不調をはじめさまざまな体調不良の原因になります。)

グビグビ飲みすぎ防止のためにも、「一度口に含んでから飲み込む」、面倒ですが試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です