「不育症」の検査費助成へ  埼玉県 

新年度から埼玉県で「不育症」の検査費用の助成が始まるそうです。

流産や死産を2回以上繰り返す「不育症」に悩む夫婦に最大2万円の検査費用の助成がされるようです。

 

(県内在住、在勤・在学者のほか、埼玉で生活予定の人も登録できる予定で、登録料は年5千円を想定する。また不育症の原因特定も後押しする。妻の年齢が43歳未満の夫婦を対象に、子宮形態や血液の検査費用として最大2万円を助成。)

流産を繰り返す方に少しでも手助けになるといいです。

 

 

漢方のたからでも、流産を繰り返す(妊娠はするのだけれども)方の体質改善を行っております。

是非、ご来店ください